産業革命と口腔

「口腔細菌の組成は農作開始時と、150年ほど前にも大きく変わった。産業革命で加工糖と小麦粉が登場すると、口腔細菌の多様性は激変し、虫歯を引き起こす菌が優勢になった。現代の口腔は基本的に、恒常的に疾患の状態にある」「150年前」とは、イギリスに始まった産業革命がアメリカでも達成された時期と一致します。
「産業革命」というと工業分野が頭に浮かびがちですが、「農業革命」も含まれます。農作業に機械化や栽培法の発達、大農場制の導入などにより生産量が飛躍的に増大した結果、食生活にも劇的な変化が起こったのです。

石器時代人の歯は現代人よりも健康(2013.3.4掲載)
Joomla! – the dynamic portal engine and content management system

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です