【必要なものは、積極的に補う】

2013-06-04 08.10.51
【必要なものは、積極的に補う】
 昨日のロングミーティング、先日の研修会資料を使ったタンパク質・アミノ酸の院内勉強会を行いました。
 タンパク質の必要量は1日に1~1.5g/㎏です。計算してみると分かりますが、この量を満たす食事を摂るのは容易ではありません。現状よりもさらに状態を良くしたり、何らかの症状を改善する目的であれば積極的に補充をしていく必要があります。

 ただし、胃酸や消化酵素の働きが弱い方はタンパク質のペプチド結合を切る力が弱いので、高純度のプロテインを摂取すると「お腹が張る」などの消化不良の症状が出ることがあります。その場合は低分子処理されたものに変えるか、それでもダメな場合はアミノ酸の形で使う必要があります。

 アミノ酸のサプリメントは総合的に必要なものが網羅されているものと、目的別に特化されているものがありますので、「改善したいものは何か」を明確にして使うことが大切です。それには血液データの解析が強力な武器になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です