しっかり咬める状態を保つ

 歯を含む口腔の機能に問題が生じていると、「咀嚼して消化しやすくする」こと以外にも「発音・発声」や「顔貌の外見」、「運動能力」、「脳の血流量」など様々な問題が発生してきます。

FD1

 適切な機能を備えた義歯を使うことで、寝たきりだった方が歩けるようになったという報告や、アルツハイマー型認知症と深い関連があるとの報告もあります。

 たとえ総入れ歯となってもご自分にあった義歯を使い、しっかり咬むことでアンチエイジングに大きく貢献するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です