【オリーブオイルとナッツ、地中海食】

米国抗加齢医学会(A4M)ニューズレターより。
日本人にとって「週に1リットルのEVオリーブオイル」というのはなかなか現実的ではありませんね。ナッツは出来そうですが。
オリーブオイルの効果が主成分のオレイン酸であると短絡的に解釈しないことが重要です。
*以下抄訳*
認知機能の悪化と脈管障害の進展には酸化ストレスが大きな役割を果たしている。疫学調査によれば、抗酸化力が高く、血管保護的な地中海食を摂ることにより認知機能の低下を緩やかにすることが知られているが、これを裏付ける臨床試験のエビデンスは欠けていた。スペインのグループはこれを確認するため心血管系に問題があるものの認知機能が健康な447人を対象にRCT(ランダム化比較試験)を施行した。
患者を「週に1リットルのエキストラバージンオリーブオイルを含む地中海食」、「1日30gのミックスナッツ(ウォーナッツ、ヘーゼルナッツ、アーモンド)を含む地中海食」「低脂肪を助言するのみの対照群」の3群に分け調査したところ、前の2群は対照群と比較して前頭型及び総合的な認知機能が有意に改善していた。
著者は「我々の調査結果は、このような食事は加齢に伴う認知機能の低下に立ち向かえる可能性がある。他に効果的な方法がないとき戦略的な実施を検討してもよい。更なる調査が必要だ」と結論している。

A Mediterranean diet supplemented with olive oil or nuts may help to improve thinking, learning, and memory.
WORLDHEALTH.NET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です