柿と栄養素

秋も深まってくると、が美味しい季節ですね。
意外に知られていないのが、柿にはかなり豊富なビタミンCが含まれているということ。甘柿100g中(柿1個は約200g)には70mgのビタミン Cが含まれており、キィウィ(69㎎)とほぼ同じ、レモン果汁(50㎎)より多いのです。

20131123_073407

ほかにもビタミンA、葉酸、βカロテン、カリウム などを多く含んでいます。その栄養価の高さから「柿が赤くなれば、医者が青くなる」といわれるほど。

栄養価の高い柿ですが、果物だけあって糖度は高い、つまり果糖が多く含まれています。立派な柿は1個200g近くありますから、それを一 人で食べると30g前後の炭水化物(糖質)をとることになりますので意識しておきましょう。果糖は「糖化」をおこしやすい、つまり老化しやすい糖質ですから摂り 過ぎには注意です。

「せっかくの柿だから、美味しくヘルシーに食べる方法はないの?」と思い調べてみました。料理レシピで有名なサイト「COOKPAD」をみて みたら、使えそうなレシピがのっていましたよ。

2013-12-09 07.00.18

柿の甘味とアボカドのコクのある味をマヨネーズが見事につないで相性は抜群です。さら にオリーブオイル、ゴマまで入っています。アボカドは食物線維が豊富なので糖質の吸収を緩やかにしてくれますし、ゴマに含まれるペプ チド(アミノ酸がいくつか繋がったもの)は血圧をさげる作用があります。

アボカドと柿のマヨサラダ♡

今朝、お昼の弁当に入れるために作ってみました。忙しくてこれなら出来ますね。もちろん美味しいからってボウル一杯食べちゃダメですよ(# ゚Д゚)

糖質の総量は抑えつつ、ビタミンや食物繊維と共に「自然の甘み」を少し楽しむことは大部分の人には可能なこと。でも中にはそれすら危険な人もいます。

ビタミンB群の不足で解糖系やTCAサイクルがうまく回らない、鉄・亜鉛・銅などのミネラル不足でタンパクや脂質代謝も 良くない、もちろんインスリンなど各種ホルモン分泌のコントロールも不良などの素地を抱えている方は、糖質制限をしっかり続けてきたのにあっという間に大きく後戻りして体調不良に陥ってしまいます。回復にはまた長い時間が必要です。

自分にそういう素地があるかどうか(大雑把にいえば『耐糖能』がどの程度あるのか)を正しく評価するためには血液検査・尿検査などの データを使った栄養解析が必要です。それが「テーラメイドの栄養療法」とよばれているものです。

まずは本(紙・電子)やWebから「最大公約数」的な知識を吸収して、必要なら個人にあわせたセラピーを見つけるため解析を受ける、というのが賢いやり方と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です