【歯科と貧血 その1】

 今日は分子整合栄養学臨床応用セミナー 貧血編に参加しました。
 貧血は現代人、特に生理のある女性の間ではごくありふれた病態で、一般的には血液中のヘモグロビン(Hb)の量で評価されます。
 しかしよく言われるように「貧血なら鉄分の補充」というほど単純に解決出来るものではありません。なだからならその背景には様々な病気が隠れていたり、ビタミン・ミネラル・タンパク・脂質など多種の栄養素の代謝が関係しています。
 貧血が進むと、いわゆる「立ちくらみ」などだけでなく多様な症状が現れますが、歯科領域でも様々な所見、自覚症状が出現し、貧血が改善すると解決することは稀ではありません。

 今日から「歯科と貧血」にスポットをあてて連載を始めようと思います。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です