プロフィール

20160331-1_morinaga148

オーソモレキュラー・デンタル代表:森永宏喜
昭和38年 千葉県生まれ 血液型 Rh+A 双子座

 


◇県立安房高等学校卒

在学中は文芸部(今もあるんでしょうか)に在籍して小説や詩作の真似事などしていました。当時自分が書いた文章は恥ずかしくてとても読めません・・。でも言葉を一つ一つ吟味して表現することや、日本語の美しさを教えられたのは得がたい経験だったように思います。好きな本のジャンルの傾向は当時から余り変わっていませんね。

歴史が好きでしたから、仙台は伊達氏の城下町として「歴史のある美しい街」という認識はありました。高校二年の夏に実際に訪問し「ここに住みたい」と思うようになり、東北大学歯学部に進むことになります。
6年間の学生時代を仙台で過ごしたことは、私の人生の中でとても良い選択だった、と今でも思っています。

◇東北大学歯学部卒

学生時代の前半はボートばかり漕いでいました。でも歯学部の実習が忙しくなってからはそうもいきませんでしたが。
同期生でボートを突き詰めた連中にはインカレや全日本選手権のメダルを持っている奴もいます。その意味では不真面目な漕艇部員でしたね。でもそこで得た唯一最大の財産はその友人たちです。

◇東京医科歯科大学第一口腔外科に入局

大学卒業後に関東に戻ることを考え、漕艇部の先輩を頼って東京医科歯科大学第一口腔外科(こうくうげか)に入局します。
外来、病棟勤務、研究を通して多くの恩師、先輩の教えを受けたことが、私の歯科医としてのバックボーンを形成することになりました。心身はきつかったですがとても楽しい数年間を過ごしました。ここでも貴重な友に出会います。

◇医療法人社団翠明会・山王病院歯科に勤務

その医局の先輩の紹介で大学を非常勤となり、千葉市・医療法人社団翠明会・山王病院歯科に勤務します。一般の方々の歯科治療に加えて入院患者さんや障害をもつ方々の治療に携わる機会を得ました。これも貴重な経験として生きています。

◇栄養療法から抗加齢医学へ

祖父の喜一郎が当地・安房郡鋸南町に歯科医院を開いたのは明治の終わり頃と聞いています。3代目として医院を引き継いだのは平成4年です。

開業医として虫歯や歯周病の治療に奮闘する日々を過ごしますが、「治しても治しても悪化してしまう」「最新の医療技術が患者を救うとは限らない」状況を目の当たりにし、自分が学んできた「治療中心の歯科医療」に疑問を感じるようになります。その20年以上の悩みの中で治療のため患者さんが「生活習慣を変えると、人生が変わる」ことを経験し、特に食事・栄養に着目しました。そのころ分子整合栄養(オーソモレキュラー)療法に出会い、血液検査の解析と薬に頼らず食事と栄養素を用いて「高齢化が進む地域で、歯科から生活習慣病を改善していく」ことに早くから取り組みます。

問診やデータに基づいた「栄養を科学する歯科医療」を実践するが、「クチの状態が老後の人生の質を左右する」ことから抗加齢医学全般に取り組むようになりました。「健康寿命」を伸ばすために歯科の果たす役割の重さを確信し、よりコアな国内外の情報を求めて世界最大の米国抗加齢医学会(A4M)で研修し認定医を取得します(歯科医師として日本初)

ABAAHP1

 

現在その成果を自ら実践するとともに、健康に関心の高い層や医療関係者への情報提供をミッションとして掲げ活動しています。


■認定医・所属学会など

  • 米国抗加齢医学会認定医(ABAAHP)
  • 日本抗加齢医学会 抗加齢医学専門医
  • 日本アンチエイジング歯科学会 認定医
  • JCIT 高濃度ビタミンC点滴療法 認定医
  • ACT Japan キレーション治療 認定医
  • 国際オーソモレキュラー医学会
  • 国際歯周内科学研究会
  • 日本口腔外科学会 会員 

 

■著作物など


趣味はというと・・・

●旅 行
仕事柄、長期の休暇は望むべくもないですが、日常の生活は非日常との相克の上に成り立つと思っていますのでなるべく機会を作るようにしています。旅先で巡り合う芸術、文化遺産は豊かな気持ちにさせてくれますね。特に好きな国はイタリアとタイ。2000年よりタイでのボランティア歯科診療に携わっています。 国内では秘湯めぐり。特に北東北(きたとうほく)の温泉は素晴らしいです。

●芸術鑑賞
優れた芸術作品を鑑賞すると、その発するエネルギーのためにこちらも本当に消耗しますが、これもクセになってしまいます。
●サッカー観戦
昔からテレビで見るのは好きでしたが、初めてスタジアムに行ってからハマりました。Jリーグのベガルタ仙台のサポーター。
●インターネット 
ホームページを開設してからもう13年が過ぎようとしています。インターネットは確かにゴミも多いですが、思わぬ可能性が拡がるのを何度か経験しました。これからも世界を拡げてくれる強力な味方でいてくれそうです。